韓国国籍放棄者が急増…「国家競争力の損失」

韓国国籍を捨てて他の国籍を選択する人々が急増している。

7日、韓国移民政策研究院の「2017年度国政監査資料」によると、過去10年間で大韓民国の国籍を放棄した人は22万3611人に達した。2007年に2万3528人を記録した国籍放棄者は昨年は3万6404人まで増えた。

韓国国籍を放棄した人の中には米国国籍を取得した人が9万4908人で最も多く、次いで日本国籍5万8870人、カナダ国籍3万2732人となった。

反面、韓国国籍を回復した人は2万2974人に過ぎず、韓国国籍を放棄する人が韓国国籍を回復する人の10倍を越えた。

移民政策研究院は「大韓民国の国籍を取得する人よりも国籍を放棄して海外国籍を取得する人が増加している」とし「このような現象が続けば、国内人口の減少はもちろん、国家競争力の損失もあるものと予想される」と伝えた。

http://japanese.joins.com/article/173/235173.html