60年前、中国は「交通の便が良くなる」といって、チベット人に金を払い、道路の拡幅を行いました。その整備された道を通って、人民解放軍はチベットを侵略しました。

http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/archives/51240149.html
より転載

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」

平成29年(2017)5月8日(月曜日)        通算第5284号  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(読者の声1)

貴誌5282号(5月8日)にある

「北海道の水資源や土地買い占め、100万人の中国人移住計画があるらしいが、
 マレーシアは中国人が土地を買い占め、大規模なコミュニティ建設を始めた」

 表題の件ですが、このようにブログに投稿する記事を書いている間でも、

中国による人口侵略と土地の買取が進行してます。

日本だけでも、中国のこの種の侵略の動きを阻止したいと考えた名も知れぬ草莽たちが、
一生懸命に、時には一人でも立ち向かっています。

 これから記す事柄は、ある一人の草莽から得た情報を元に私(松戸の老人)が加筆・編集したものです。
 
昨日、私の知人(中国通)に中国がマレーシアで行っている大規模コミュニティー建設の目的を尋ねたところ、

建設現場がシンガポールに隣接しているので、将来は自分たちで作り上げた都市をマレーシアから分離独立をさせ、隣国のシンガポールと合邦させる計画があるとの由。
上手くいくかどうかは不明ですが、中国はそのように考えているようです。

(私論ですが、シンガポールは英連邦に属しており、中国が合邦を望んでもシンガポールは嫌がるでしょう。中国特有の「衣の下に鎧」にならないことを祈ります)

 マレーシアは、ジョホールバルで経済特区を有する大規模複合都市開発を進めており、2006年の始動から11年を経ています。 完成予想は当初の計画よりも延びて2025年頃になるようです。

この計画名は「イスカンダル計画」と呼ばれ、

そのキャッチフレーズは「Forest City Johor」です。既に住宅として使用されるマンションは供給過剰との由。

日本企業も資本参加しております。

 さて、北海道への中国人移住計画ですが、

 産経新聞に「異聞、北の大地」という記事が掲載されましたが、

 中国は、「釧路を北のシンガポールにしたい」といっているようですが、

それはありえません。

なぜならば、中国は北朝鮮の羅津港を50年間租借し、埠頭を六つ建設中です。

また、北朝鮮に隣接するロシア領にも、
ヨーロッパ最大の港と同等の港を建設する契約をロシアと結びました。

この2つの港は、釧路とほぼ同じ緯度にあります。

北極海航路の話が本当だとしても、同じ地域に3つの港湾が必要でしょうか?

(ちなみに、釧路市の人口は平成29年3月末現在で173,223人(世帯数は94,406世帯)です)

<中国の狙いは「植民都市」の建設> につづく

画像の説明

<中国の狙いは「植民都市」の建設>

 中国では、大気、土壌、水の汚染がひどく、人民は海外に出たがっています。

一方、中国共産党は、ハワイまでの海域を中国の海にしたいという覇権主義的願望があります。

<チベット、ウイグルの歴史から学べ>

 中国人が移住してくれば、食糧などの購入があり、釧路市の経済が活性化するとお考えかもしれません。

 60年前、中国は「交通の便が良くなる」といって、チベット人に金を払い、道路の拡幅を行いました。その整備された道を通って、人民解放軍はチベットを侵略しました。

 同じく、ウイグルでは、進攻した人民解放軍は砂漠に陣を敷きました。

そしてこのようなメッセージを伝えました。

「ウイグル人の生活を壊しません」、「水と食糧を売って下さい」。
ウイグル人は「商売になる」と喜んで、水、食糧を人民解放軍に売りに行きました。

中国の侵略とは、このようなものです。

相手の望む物を与えて入り込み、最後は武器を持って支配するのです。

1945年ウイグル内の中国人は、2%以下でした。

60年たった現在、首都ウルムチの人口の90%は中国人です。

<北海道は、中国の32番目の省になる?!>

中国は、「北海道の人口を1000万人にしよう」と言っています。そうなると、600万人の中国人が移ってくるわけです。将来、人口構成が変わり、日本人が少数民族に転落する事も考えられます。
(私論ですが、ヒョットしたら、アイヌ独立運動を唱えている一派と共同で日本からの独立運動を主導し、其れを梃子にして、沖縄と同様に補助金を私どもの納めた税金から得るのではないかと杞憂しております)

<移住してくるのは、生産建設兵団である>
 釧路の炭鉱や農村に、中国人の技能研修生が来ているようです。

「勤労意欲が高い」はずです。彼らのやり口は「人民に奉仕する」、「大衆の中に入る」を合言葉に、信用と高い評価を受ける努力をします。炭鉱でも、農村でも、「もっとたくさんの中国人技能研修生を受け入れてほしい」という声が大きくなります。

それが中国の狙いです。

 ウイグルのタクラマカン砂漠に入植した生産建設兵団は、現在350万人になりました。

毎年軍事訓練を行い、家や職場には、マシンガンが保管されています。

この人達は、人民解放軍とは違う入植者です。 移住者のことです。

 次回は、<釧路市民は、中国の侵略に備えよ!>ということの他に中国の意図を記したく存じます。
(松戸の老人)

───────────────────────────────────
■今回の記事はいかがでしたか?  
下記ページより、あなたが記事の評価を行う事ができます!   http://melma.com/score_F0v0CQHqb02BinqEq0T7VKoF4282de05/

□このメルマガのバックナンバーやメルマガ解除はこちら
  http://melma.com/backnumber_45206/
□その他のメルマガ解除や登録メルマガの検索はこちら
  http://melma.com/contents/taikai/

───────────────────────────────────