「 憲法9条にノーベル賞を 」 鷹巣直美の正体

http://kousyoku.doorblog.jp/archives/39735557.html
より転載

朝日新聞の反日捏造情報は異常ですが、少し前ですが、2014年4月2日「憲法9条にノーベル賞を」は普通の主婦が思いついたと報道しました。

画像の説明

その後テレビなどでも取り上げて、普通の一介の主婦が、憲法9条をノーベル平和賞にする事を思いついたと報道していた。

しかしその当人である鷹巣直美なる人物は、普通の主婦どころか、反日活動組織のバリバリの活動家だったのです。

画像の説明

自称普通の主婦鷹巣直美さんはバプテスト教会連合・大野キリスト教会員で、2013年「難民・移住労働者問題キリスト教連絡会<難キ連>」の共済でチャリティーコンサートを行っています。
<難キ連>の住所東京都新宿区西早稲田2-3-18は、数多くの韓国キリスト教系左翼団体と反日工作の巣窟です。

韓国のキリスト教はセウォル号のオーナー「キリスト教福音浸礼会」教祖だけでなく以前から問題視されてきました。

統一教会、聖神中央教会、摂理、国際福音キリスト教会、純福音教会、など神の名を利用して性犯罪を始め、多くの犯罪を繰り返しています。

キリスト教が本来の信仰とかけ離れ、韓国のキリスト教は性犯罪だけでなく、東京都新宿区西早稲田2-3-18を拠点に左翼反日運動も展開しているのです。

こんな組織の活動家である鷹巣直美さんを、朝日新聞は「普通の主婦」と偽装し、報道しているのです。

そもそもこう言った勢力は、憲法9条を絶対視し、平和の原動だと騒ぎますが、それはこの憲法により日本の軍事力を制限し、中韓が侵略を起こしやすい状態を維持するためだけなのです。

はっきりお伝えすべき事は、戦後世界中は戦争や紛争が絶えず続いたり行われたりしてきましたが、日本はこれまで戦争に巻き込まれたり、もちろん行ったりして来なかったは、この憲法9条があるおかげなどではありません。

画像の説明

この憲法9条を制定するだけで戦争がなくなるのでしたら、世界中の国々がこの憲法を制定します。

そんな事で世界が平和になるほど甘くはないのが国際政治です。

理不尽な国々は中韓を始めたくさん存在するのです。

「第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」

これが憲法9条の内容ですが、よく考えればわかる事ですが、これは日本が過去、残虐で好戦的な戦争を起こしてきたという事が前提の憲法で、日本がそんな事は今後一切しませんよという宣言のようなものです。

よってこれが改正されるから戦争が起きると言う事は異常解釈された話なのです。

もともと日本は昔から平和を誠実に希求していたのです。

大東亜戦争の開戦の詔勅には、

「抑々東亞ノ安定ヲ確保シ以テ世界ノ平和ニ寄與スルハ丕顕ナル皇祖考丕承ナル皇考ノ作述セル遠猷ニシテ朕カ拳々措カサル所而シテ列國トノ交誼ヲ篤クシ萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ之亦帝國カ常ニ國交ノ要義ト爲ス所ナリ」
(意味: そもそも、東アジアの安定を確保して、世界の平和に寄与する事は、大いなる明治天皇と、その偉大さを受け継がれた大正天皇が構想されたことで、遠大なはかりごととして、私が常に心がけている事である。そして、各国との交流を篤くし、万国の共栄の喜びをともにすることは、帝国の外交の要としているところである。)

とありますし、日露戦争の開戦の詔勅においても

「惟ふに文明を平和に求め列国と友誼を篤くして以て東洋の治安を永遠に維持し各国の権利利益を損傷せすして永く帝国の安全を将来に保障すへき事態を確立するは朕夙に以て国交の要義と為し旦暮敢て違はさらむことを期す。」
(意味:朕の考えは、文明を平和的なやりかたで発展させ、諸外国との友好関係を促進することによって、アジアの安定を永遠に維持し、また、各国の権利や利益を損なわないようにしながら、末永く日本帝国の将来の安全が保障されるような状況を確立することにある。これは朕が他国と交渉する際に最も重視していることがらで、常にこうした考えに違反しないよう心がけてきた。)

このように天皇陛下はずっと平和を願って来られたし、戦争はとにかくすべきではないとされて来たのです。

当然一部を除いた国民もそうでした。

しかし先の大戦に至ったのは、アメリカをはじめとした白人国家やその支援を受け、日本及び日本人に甚大な被害を起こしていたシナ(中国は当時シナでした)が日本にすでに戦争行為を行っていたのです。

資源は封鎖され、1200万人もが失業や、多くの人が餓えにさらされてしまう状況に追い込まれたのです。

であるにも関わらず、戦後GHQの支援を受けた反日思想家(多くが自主的に日本に逃げてきた在日朝鮮人)たちが、学会や映画界、報道、政治などあらゆる分野に配置され、あの戦争は日本が起こした非道な行いだと植え付けてきたのです。

そう言った勢力が今日本で猛威を振るい、反日勢力を取り締まる特定秘密保護法や、あらゆる状況に対応するために必要な集団的自衛権に大反対しているのです。

さらにこう言った日本に制限をかけるために、憲法9条を絶対視し、大騒ぎをしているのです。

これらは全て、中国の日本侵略の為なのです。

中韓首脳会談し、反日活動をますます行っていくと声明を出しました。

この意向を朝日を始め反日勢力が、聞こえの良いスローガンを掲げ、捏造報道や情報を流しているのです。

画像の説明