日本人がすっかり忘れてしまった日越交流秘話

【賞賛されていた陸海軍 知られざる日本】
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140930/dm...

かつて、ベトナム独立運動の指導者、ファン・ボイチャウ氏は、国民に「日本に行き、そして学べ」と呼びかけた。

日本留学運動「東遊」(ドンズー)の始まりである。
仏文学者の小松清氏によれば、1907年には約300人ものベトナム人子弟が日本で学んでいたという。
首都・ハノイに「東京義塾」なるものまで登場したとされる。

ベトナム人は日本を憧れ続けてきたのである。

ところが、日本人はベトナムを色眼鏡で見てきたフシがある。

ベトナムがソ連の支援を受けて、自由主義陣営の米国と戦ったという強烈な記憶と、それにまつわる負のイメージがつきまとっているからだろう。

一方、ベトナムでは庶民レベルでも日本への印象はいい。なぜなのか。
それは大東亜戦争における日本軍の敢闘精神と、日本軍人の立ち振る舞いに起因しているようだ。

ここに、日本人がすっかり忘れてしまった日越交流秘話がある。

実は、フランスの植民地だったベトナムの独立を日本は支援したのだ。
戦争末期の1945年3月9日、日本軍は「明号作戦」を発動し、仏ジャン・ドグー総督らを逮捕するとともに、土橋勇逸(ゆういつ)中将率いる第38軍が、激しい戦闘の末にエメー中将率いる仏印軍を制圧した。

ところが、日本は同年8月15日、ポツダム宣言を受諾して降伏した。
ベトナムの独立も水泡に帰すかと思われたが、日本が降伏文書に調印した9月2日、革命を主導していたホー・チ・ミン氏は「ベトナム民主共和国」の独立を宣言した。
そこへフランスが戻ってきて第1次インドシナ戦争(1946-54年)が勃発する。

興味深いエピソードがある。ホー氏の右腕であったボー・グエンザップ将軍は「抗日を旗印にしたが、日本が降伏するとホー氏は『日本人と戦うな。彼らを保護せよ』といった。
日本人はその後もクアンガイの士官学校で軍事指導もしてくれた」と証言している(『20世紀特派員』産経新聞ニュースサービス)。

 何があったのか。

 インドシナで敗戦を迎えた日本軍将兵の中に、残留してベトナムの独立のために戦おうとする者が現れたのだ。
また、ホーのベトナム民主共和国側も、日本軍の兵器譲渡を求め、日本軍将兵を教官として迎えたいと願い出てきたのである。

こうして、46年6月1日、教官と助教官が全員、元日本陸軍の将校と下士官というベトナム初の士官学校「クアンガイ陸軍中学」が設立された。
選抜されたベトナム青年約400人は、日本人教官から戦技・戦術をはじめ、指揮統制要領など日本陸軍の実戦ノウハウを学んだ。

そして、約800人ともいわれる残留日本兵は、ベトナム人とともにベトナム独立のためにインドシナ戦争を戦い、その尊い命をささげたのだ。
このことが「親日国家・ベトナム」の誕生に大きく寄与したことを忘れてはならない。