韓国新世代の反日感情

『中韓を知りすぎた男』【韓国新世代の反日感情】より 10月15日(水)

「産経新聞のソウル支局長が名誉毀損で在宅起訴された」事について政治家も有識者も一斉に当然のごとく「言論弾圧」「言論封殺」「韓国はまともな民主主義国ではない」「先進国でもない」「子供っぽい恥ずかしい行為の極みだ」など一様に批判や怒りの声を上げています。

83年に来日し、多くの韓国に関する書籍まで出版している拓殖大教授である呉善花氏までが、今回の朴槿恵大統領の名誉毀損について「国際社会における国家の威信より大統領個人の威信を守ることが大事」とか「反日に対しては、右も左もない、朴政権が一番恐れているのは支持率の下落だ」 など日本の評論家と変わらない感覚で論評しています。

しかしなぜ韓国では、権力や社会の監視役であるはずのメディアや司法が暴走するのかを日本のメデイアは過去にさかのぼって検証しなければならない。

そうでなければ現在起こっている荒唐無稽は反日感情を理解することはできない。

1997年アジア通貨危機が起こり韓国は輸入決済のドルが枯渇し、決済ができなくなった。
そこで1997年12月、韓国はIMFから援助資金を受ける代わりに、経済の主権をIMFに渡してしまった
韓国社会はまるで国権を奪われたような羞恥心と危機意識を感じた。

1998年大統領選挙で民主主義の旗印を立て、経済の事はよく知っていると豪語した金大中に韓国国民は、国の命運を掛けました。

ところが金大中大統領は日本では民主化の象徴とされていますが、実際は利己主義によって国を支配し、言論弾圧を展開し、腐敗政治、無茶苦茶な経済政策、身内による不正など、目を覆いたくなる悪政を行ってきました。

そして太陽政策と称して、韓国を左傾化していき、北朝鮮の韓国併合に道を開く政策を取り続けました。
金大中の考えは南が北に統一されることを考えていました。
つまり朝鮮半島を社会主義国家に変える方がベターだと考えていたようです。

その証拠に金大中、盧武鉉両政権下の2期10年によって韓国国内に多くの左翼連中が育っています。
彼らは政府内、マスコミ、大学、司法等でその影響力を強め、もっとも非効率的なシステムである社会主義国家体制へと転換しつつあります。

まさに金大中がやってきたことは、言葉だけの民主主義、言葉だけの市場経済だったのです。

それでは何故、韓国のマスコミは北のおぞましい真実を隠して金大中に協力したのか、当時の韓国日刊紙は、多くの企業が倒産したために広告収入が以前の半分にもならない状況に陥っていました。
テレビ局も同じような状況でした。

金大中はこれらの言論機関に巨額の公的資金を注入して助けています。
そして各機関の幹部に金大中政権の息の掛かった人たちを送り込んで人事権を握り言論を統制したのです。

一部の韓国言論人が、金大中大統領の無能さと邪悪な意図を国民に伝えようと勇気を奮って発言しますが、金大中政権は政権批判をする言論人や知識人を、訴訟という手段で経済的に追い詰めていきます。

韓国の大統領は強大な権力を持ち、役人の末端にまで人事権を持っています。
それ故逆らったら最後、明日からの生活ができなくなります。
つまり金大中政権以降、韓国メディアや司法まで、時の政権に強く逆らえなくなった。

その最たる例が盧武鉉時代の「親日罪」です。
要約すると日韓併合時に日本と協力した人の財産を子孫から没収するとんでもない法律です。

先進国では、新しく作った法律で過去の事例を裁けないというのが原則です。

この辺りから韓国は常軌を逸し始めた。
慰安婦像をソウルの日本大使館に不法に設置(ウイーン条約に違反)、戦時中に日本で徴用された韓国人に対して、ソウル高裁が新日鉄に賠償を命じた(日韓基本条約で解決済み)。

対馬市の寺から盗まれた仏像の返還差止めなど、世界中の誰が考えても異常としか言いようがないことを平気でやるようになってきました。

つまり現在韓国では、反日心理を根本から覆す地殻変動が起きてきたのです。
その地殻変動を起こしているのは韓国の知識層の世代交代です。
古い知識層とは主に70歳以上の保守層を指しています。

彼らが政治や司法、メディアの中心にいた時代は同じ反日でも得るものを得ると、にっこり笑って握手をしてきた。
仮に政府が反日をあおったとしても最悪の状態は避けるという、理性や遠慮や常識がはたらいていた。

しかし、これまで日本との関係に一定の配慮ができた層が表舞台から去り、急進的な世代があらゆる分野で中核を占め始めた。
この新世代の力をもった上層部の多くは、金大中・盧武鉉が育てた左翼思想に染まった人たちです。

そしてこれら新世代の人たちは捏造された歴史教育によって幼児段階から反日洗脳教育で対日憎悪心の植え付けと恨み心を植え付けられてきました。

李承晩が始めた反日洗脳教育は現在に至るまで韓国教育界によって強力に実行されてきましたが、日韓併合時代を少しは知っている85歳代以上の親たちが存命中は、日韓併合によって朝鮮は多大な発展を遂げ、近代社会へと変貌したことを子供たちに話していた。

だから親の話を少しは信じていた政治の中心にいた古い知識層は最悪の状態を避ける知恵が働いた。しかし新世代の認識は違います、捏造された韓国の歴史を100%信じています。

ほとんどの日本人は韓国の反日洗脳教育の中身を知らない。
もし朴殷植の書いた「朝鮮独立運動の血史」という歴史本を読めばたちどころに気分が悪くなります。

彼はこの本の中で「日本では母子が性交する」とか「日本は国や個人財産に至るまで、みな狡猾と暴力によって奪った」とか、さらに「日本はその野蛮な習慣を我が民族に強制し、倫理を冒涜した」とかそのあまりの日本侮辱にとても許せるものではありません。

しかし韓国ではこのとんでもない本を正式な歴史書として取り上げています。
そこに書かれた「野蛮な日本による虐殺物語」が史実として学校で教えています。
金完燮氏は「戦後の反日教育を推し進める上でこれほど都合の良い本はない」と看破しています。

教科書によって日本人は冷酷非情な「悪魔」として描かれ、近代日本は朝鮮に対して「殺戮と収奪のみ」をしたと教育されれば、それを信じた韓国人は100%日本を憎む事になります。

この反日洗脳教育を100%信じてしまったのが朴槿恵大統領です。
反日で鳴らした盧武鉉元大統領もしっぽを巻いて逃げ出すくらい、反日・嫌日・侮蔑発言の数々、反日教育で育った朴槿恵大統領は筋金入りの反日思想の持ち主に育ったのです。
つまり彼女にとって反日は政治的パフォーマンスだけでなく本音なのです。

このような朴槿恵と同じような大嘘の教科書で育った急進的な世代が、あらゆる分野で中核を占め始めたのです。
韓国の反日の世代交代は確実に進んでいます。

日韓併合の真実を教えてくれる親たちはもう既にいない、この状況で韓国の対日世論は異次元のものに変わろうとしています。

日本の政治家は経済崩壊に陥った韓国はいずれ折れてくると高をくくっていますが、相変わらず甘い、韓国の中核をなす「急進派」たちは対日戦略を次のステージへと動かし始めています。